教化団体・機関 子ども・若者ご縁づくり推進委員会

トップページ > 教化団体・機関|子ども・若者ご縁づくり推進委員会

福岡教区子ども・若者ご縁づくり推進委員会活動方針

1.目  的

親鸞聖人のみ教えのもと「あらゆる人々に阿弥陀如来の智慧と慈悲を伝え、もって自他共に心豊かに生きることのできる社会」の実現に貢献することを「子ども・若者ご縁づくり」はめざします。

2.活動理念

キッズサンガの理念を継承し、「ご縁づくり」は「教化活動」との共通認識のもと、宗門を構成するすべての人が、子ども・若者層を対象に、あらゆる団体・知識・経験・人材とつながり、一人ひとりが自分にできる「阿弥陀さまのご縁に共に遇い得る活動」を行うことで「お寺を居場所」と感じてもらい「手を合わせ、お念仏申す人」となってもらう。

3.活動テーマ

「次世代へのご縁づくりをみんなで〜ご縁をつくり・つなぎ・深める〜」

4.活動方針

『念仏者の生き方』及び肝要を4カ条にまとめられた『私たちのちかい』のお心を 体し、各事業を展開する。

(1)「ご縁」のはじまりをつくる

まずは「合掌すること」「お念仏を称えること」に慣れ親しむ環境づくりが急がれます。宗教・仏教・浄土真宗・寺院・僧侶について、また合掌することの意味などを分かりやすく伝えることで、正しく理解し共感してもらい、これらに馴染んでもらうことから始めていくことが大切です。

(2)子ども・若者層の現実に学び、寄り添う

子ども・若者層の現状を学び、生きづらさを抱えている方への寄り添いはもとより、出会う一人ひとりとの関係性を丁寧に作り、寄り添い続けることが重要です。

(3)あらゆる子ども・若者層を対象としたご縁づくり

各寺院にご縁のある子ども・若者層への伝道はもちろんのこと、寺院にご縁のなかった子ども・若者層に対しても、はたらきかけていきます。
また、対象は宗派内に留まるものではなく、日本全体・世界を視野に入れた、子ども・若者層への教化活動です。

(4)「3つのかたち」「3つの視点」を持って重点的かつ継続的に活動に取り組む

生活様式や家族形態の多様化により、宗教的習慣を伝えていくことが 大変困難な状況にあります。私たちは日常生活の大切さを見直し、受け継がれてきた宗教的習慣が息を吹き返すような試みに、地道に取り組んでいくことが必要です。

(5)時代にあわせた伝道方法の提案や研究の発表

社会環境の変化により、子ども・若者の置かれている状況が複雑多様化しています。取り組みに当たっては、既成概念にとらわれない、大胆な発想と手法や言葉などを駆使したはたらきかけをする必要があります。

(6)あらゆる団体・知識・経験・人材とつながる

お寺で体感した印象が一生の「心の原風景」になっていくよう、ご縁のある大人たちや地域の方が、あらゆる世代と共に楽しみながら参画してくださることで「次世代と共に」という私たちのテーマに添ったご縁づくりになると思います。

5.重点項目

(1)経常的なご縁づくりを推進する組織づくり

①全寺院でのご縁づくりの取り組みを奨励するため、新たな指針を検討し充実を図る。

②各教化団体とのご縁づくり(教化活動)の整合性のため、協議連携を継続する。

(2)子ども層へのご縁づくり

①日常生活でのご縁づくりを奨励する。

②ご縁のある大人が、すべての子どもと接点を持ち、共に阿弥陀さまのご縁に遇う活動を奨励する。

③過疎地での子どもへのご縁づくりを検討する。

④各寺院において若者を対象にご縁をつくる活動を奨励するとともに、仏教青年連盟との連携を密にする。

(3)若者層へのご縁づくり

①思春期若者の現状を学び、生きづらさを抱えている方への寄り添いはもとより、出会う一人ひとりとの関係性を丁寧に作り、寄り添い続けることを提案する。

②ご縁がなかった若者と「お寺・僧侶・浄土真宗」との出会いをつくる活動を検討する。

③中高生を対象としたご縁づくりを検討する。

④各寺院において若者を対象にご縁をつくる活動を奨励するとともに、仏教青年連盟との連携を密にする。

(4)インターネットを利用してのご縁づくり

インターネットでの情報発信の実施及び充実を図る。

6.事業計画

期 日 事業内容 会場
2020年
4月14日(火)
第1回広報部会 オンライン会議
4月27日(月) 第1回研修部会 オンライン会議
5月26日(火) 第1回行事部会 オンライン会議
6月26日(金) 第1回総務部会 本願寺福岡教堂
7月12日(土) おてらマーケット【協賛事業】

※新型コロナウイルス感染症の影響に伴い、中止

本願寺福岡教堂
10月2日(金) 福岡教区子ども・若者ご縁づくり(キッズサンガ)
連絡協議会
本願寺福岡教堂
10月20日(火)
~21日(水)
子ども・ 若者ご縁づくりマネージャー・事務担当者中央連絡協議会 本願寺(予定)
未定 スクールナーランダin山口 未定(山口県)

※新型コロナウイルス感染症の影響に伴い、行事の中止・変更があります。

◇推進委員会並びに各部会(行事部会・研修部会・広報部会・総務部会)の開催

◇ご縁のない若者に向けた行事の開催

◇寺院・サポーターを対象にした研修会の開催
子ども・若者と直接関わるうえでの研修会を開催し、個人のスキルアップを目指す

◇連絡協議会の開催、並びに組への出向
各組サポーターと交流など情報交換を目的とする

◇広報活動の充実
①『キッズサンガ通信』の発行
②ホームページ・SNSの運用・更新
③行事に際しての広告物の製作
④教区内寺院や教化団体の様々な行事や活動の情報収集

◇その他

①教区青少年教化団体・組織と連携を図り、子どものつどいの運営等を通じて団体間の繋がりを作るよう心がける

②他教区との相互関係を深める

③「安穏ライブ」「おてらマーケット」等の行事へ協賛する

④教材の整備をはかり、単位会での使用できる教材の収集を行う

⑤「御同朋の社会をめざす運動(実践運動)」の内容を把握し、積極的に実践参加する

福岡教区子ども・若者ご縁づくり推進委員会Facebookページ
https://www.facebook.com/kodomo.wakamono.fukuoka/

このページのトップへ