教化団体・機関 門徒推進員連絡協議会

トップページ > 教化団体・機関|門徒推進員連絡協議会

福岡教区門徒推進員連絡協議会活動方針

《研修会、行事などの開催》

  • 全員研修会を年2回以上開催し、門徒推進員相互の連携を密にして、本山、教区、組などの研修会には積極的に参加する。
  • 教区の「親鸞聖人報恩講」のお手伝いを積極的に行う。
  • 宗門の「御同朋の社会をめざす運動」(実践運動)に積極的に取り組み、全員聞法、全員伝道を実践する門徒推進員をめざし広く連続研修、中央教修への参加を呼びかける。

《門徒推進員の活動方針》

  • 親鸞聖人のみ教えに信順し、如来の本願を大地とし、その教法に生きるものの誇りと喜びを持つ。
  • 阿弥陀如来の本願を究極のよりどころとして生きられた親鸞聖人に学び、つねに全員が聞法し全員が伝道を実践して、私と教団の体質を改め、差別を初めとする社会の諸問題に積極的に取り組む。
  • 宗門の「御同朋の社会をめざす運動」(実践運動)を僧侶とともに積極的に取り組み、寺院、家庭、職場及び地域等で、広く日常生活に根ざした伝道活動をする。
  • 単に仏教用語を学び、教学の知識を身につけるだけでなく、日常生活の中で生じた諸問題に対し常に「み教えに問い、み教えに聞く」という方向で考える。
  • 他の人々の悩みに共感し、共に支え合って行く念仏者の在り方を求めていくため、具体的な活動ができるように学んで行く。
  • 教区内外における門徒推進員の活動状況を全員に伝え、情報交換の場とする会報「めざめ」(第16号)の発行に取り組む。
  • 各組・各寺で行われる法要等に、積極的に参画し、本山(西本願寺)での法要に奉仕する。

《2015(平成27)年度 事業計画》

期 日 事業内容
2015(平成27)年
4月25日(土)
・第23回 定期総会
・第16号 めざめ 発行
2016(平成28)年
1月26日(火)~28日(木)
福岡教区「親鸞聖人報恩講」参拝
2月20日(土) 第2回 全員研修会(公開講座)
3月6日(日) 教区連研履修者研修会 お手伝い
2015(平成27)年4月~ 2016(平成28)年3月

役員会(8回程度開催予定)
期日未定 門徒推進員代表者会議
場所:西本願寺
出席者:会長
このページのトップへ