教化団体・機関 社会福祉推進協議会 ビハーラ・福岡

トップページ > 教化団体・機関|社会福祉推進協議会 > ビハーラ・福岡

ビハーラ福岡福岡活動計画

通年テーマ:ともにいのちかがやく世界へ

ビハーラ活動は「老 病 死」を見つめ、よりそい、ともにいのちについて問い続ける活動です。

2021年度テーマ;「共に生きる―コロナ禍の中で」

1. 例会・研修カリキュラム
・時間 14:00~16:00(公開講座、カウンセリング研修を除く)

日 程 テーマ(仮) 講 師
(敬称略)
4月7日(水) ビハーラ活動の願い
「共に生きる― 浄土真宗の立場から」
ビハーラ福岡代表・専立寺住職  
藤 泰澄
【中止】
5月12日(水)
講演「共に生きる ―コロナ禍の中で」&総会 福岡教区教務所長
ビハーラ福岡顧問 野村 宗雄
【中止】
6月9日(水)
『私たちの先生はこどもたち!
子どもの「悲嘆」をサポートする本』を読む
ビハーラ福岡代表・専立寺住職
藤 泰澄
【オンライン】
7月7日(水)
「共に生きる―ストローク飢餓」 交流分析士インストラクター
堤 速生
8月25日(水) 「コロナ禍とひきこもり」 福岡県立大学大学院准教授
四戸 智昭
9月29日(水) カウンセリング研修 福岡いのちの電話教育委員長
松尾 公孝
10月20日(水) がん患者家族語らいの集い
「コロナ禍の中で ―最後まで共に生きる」
緩和ケア支援センターコミュニティ
理事長・看護師 平野 頼子
11月10日(水) 「コロナ禍と差別」 NPO法人ちくほう共学舎「虫の家」
事務局長 高石 伸人
12月1日(水) 「コロナ禍の中での差別」 弁護士 後藤 富和
1月12日(水) 「共に生きる」 「ビハーラ福岡」会員の実践報告
【オンライン】
2月9日(水)
公開講座 浄土真宗本願寺派高善寺副住職
臨床心理士・公認心理師 武田 正文
3月2日(水) 【未定】 【未定】

※2021(令和3)年6月28日現在

※新型コロナウイルス感染症の流行状況によっては中止や完全オンラインを含め内容を変更する場合がございます。

※ご来場の折は必ずマスクを着用ください。

※活動者養成研修ではありません。どなたでも参加できます。当日直接会場にお越し下さい。

ビハーラ福岡会員;年会費5,000円
例会参加費について
会員は無料です
会員以外の方は1回500円をいただきます(*は無料)

☆例会の会場:本願寺福岡教堂  福岡市中央区黒門3-2 (担当職員:髙橋)
TEL:092-771-9081 FAX:092-771-8914

☆お尋ね:ビハーラ福岡 事務局:入江 楽  TEL:090-5932-6427 FAX:092-933-6358

2. 実践活動

新型コロナウイルス感染症の影響を考慮し、各実践場所と協議・調整しつつ、感染防止策に努めて実施する

★ 那珂川病院 緩和ケア病棟(担当者;堤 速生)
活動概要;緩和ケア病棟の患者さんとそのご家族を対象とする傾聴
活動日・頻度;月2回、第1・第3月曜日

★ さくら病院 緩和ケア病棟(担当者;藤 泰澄)
活動概要;講話(さくら心の会)、追悼法要、お茶会
活動日・頻度;不定期

特別養護老人ホーム恵昭園(担当者;宮嶋 立夫)
活動概要;居室訪問・傾聴・周辺ボランティア等
活動日・頻度;月1回

★福岡聖恵病院 緩和ケア病棟(担当者;八木 京子)
活動概要;勤行・法話・傾聴等
活動日・頻度;月1~3回

★ 村上華林堂(緩和ケア病棟)(担当者;椿 信二)
活動概要;生花寄贈

☆グリーフケア(遺族語り合いの会)(担当者;寺本 悦子)
活動場所;本願寺福岡教堂
活動日・頻度;月1回
対象者;年齢・家族・知人・宗教等問わず。喪失感の中におられる全ての方

※グリーフケア次第紹介
10:30開始
真宗宗歌・お勤め・法話・グリーフケアの理念・注意事項等
語り合い
仏教讃歌(み仏に抱かれて、恩徳讃)
12:30終了

※新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の対策のため一部内容の変更がございます。感染拡大により中止する場合があります。予めご了承ください。
※ご来場の折は必ずマスクを持参・着用ください。

 

このページのトップへ