御同朋の社会をめざす運動教区委員会 広報部

トップページ > 御同朋の社会をめざす運動教区委員会 > 広報部

活動方針

「御同朋の社会をめざす運動」(実践運動)への取り組みも3カ年が経過し、2015(平成27)年度より新たな実践目標を掲げて運動を推進していくことになります。教区の実践運動への取り組みへの理解もまだまだ浸透していない現状を認識し、さらに情報を効率的、効果的に発信していく必要があります。そこで、以下の活動に取り組みます。

1.『福岡教区「御同朋の社会をめざす運動」(実践運動)計画書』の発行

運動を推進していく上での指針となる『福岡教区「御同朋の社会をめざす運動」(実践運動) 計画書』を発行します。

教区総合基本計画、各部活動方針、各組の活動報告、各教化団体名簿を掲載し、教区内にお ける運動推進に幅広く活用できる内容にします。

2.『教区通信』の発行

年4回(7月・10月・1月・4月)発行します。

統一テーマを決定し、そのテーマを基に紙面を構成します。今年度は、第2次世界大戦終結 より70年の節目を迎える年です。そこで、教区委員会の同朋運動部があらためて平和とは何 かを問い、現代社会の様々な課題に向き合う紙面を設けます。

また、教区委員会の行事、各教化団体の運動への取り組みを掲載し運動の推進を図ります。

3.情報の共有化

教堂内に閲覧コーナーを設け、「組報」「寺報」の収集に取り組みます。収集の効率化を図る ため教区内の「組報」「寺報」の発行状況を調査し、教区通信を通して公開します。

また教区ホームページに布教団の協力を得て、法話を掲載します。

以 上

「教区通信ふくおか」バックナンバー

このページのトップへ