本願寺福岡教堂

トップページ > 本願寺福岡教堂

福岡教堂について

本願寺福岡教堂は、1929(昭和4)年に渡辺與三郎氏より寄贈された福岡仏教青年会館と、1924(大正13)年に木原善太郎氏より寄贈された城南会館・福岡仏教学院を解散合体して、現在地に土地を購入し、親鸞聖人700回大遠忌法要記念事業として、1958(昭和33年)に建設されました。その後、建物の老朽化が進むと共に再建の機運も高まり、蓮如上人500回遠忌法要記念事業として、教区の総力を結集して、1997(平成9)年に再建されました。

福岡教区は、古くから伝道教化に意欲的な土地柄で、幾多の妙好人を輩出して参りました。1879(明治12)年に設立された崇信教校は、その後変遷を経て、学校法人筑紫女学園として、今も脈々と親鸞精神を伝え続けています。

福岡教堂はまた、本山本願寺の直属寺院であり、教堂の住職は大谷光淳門主です。実際の教堂の運営は、本山より任命された主管がその任にあたっています。

教堂は又、福岡教区教務所としての機能も兼ね備えています。教務所には教務所長がおかれ、教区(概ね県単位)内全寺院を管轄する責任者として、教区行政の円滑な運営に努めています。さらに本山と教区・組(市町村単位)・寺院を結び、宗門全体で取り組んでいます「御同朋の社会をめざす運動」(実践運動)推進のための教化センターとしての役割を果たしています。

また、すべての門信徒に開かれた教堂として、法座・仏前結婚式・初参式などにも活用されています。

在家免物について

お仏壇のご本尊は、本願寺からお迎えいたしましょう。

(本願寺のご本尊・ご絵像には、御門主名及び御印と裏書きがされております)

本願寺福岡教堂では、以下の在家免物を取り扱っております。

詳細につきましては本願寺福岡教堂(TEL:092-771-9081)までお問い合せ下さい。

◇掛け軸(絵像)の冥加金一覧

種類
(縦cm×横cm)
仕様 本尊 親鸞聖人 蓮如上人
20代
(19.7×9.1)
金襴 ¥35,000 ¥35,000 ¥35,000
¥25,000 ¥25,000 ¥25,000
¥15,000 ¥15,000 ¥15,000
30代
(27.3×9.1)
金襴 ¥35,000 ¥35,000 ¥35,000
¥25,000 ¥25,000 ¥25,000
¥15,000 ¥15,000 ¥15,000
50代
(34.8×12.1)
金襴 ¥35,000 ¥35,000 ¥35,000
¥25,000 ¥25,000 ¥25,000
¥15,000 ¥15,000 ¥15,000
70代
(42.4×15.2)
金襴 ¥50,000 ¥50,000 ¥50,000
¥33,000 ¥33,000 ¥33,000
¥20,000 ¥20,000 ¥20,000

※本願寺福岡教堂では、「松」の仕様および名号(六字名号・九字名号・十字名号)の掛け軸は取り扱っておりません。

ご希望の方は、所属寺のご住職を通して、本願寺 参拝教化部(さんぱいきょうかぶ)免物係(めんもつがかり)(Tel:075-371-5181)へお申し込みください。

◇「いちょう」・「きく」の冥加金一覧

※マンションなどお仏壇を置くスペースのない現代の住まいに合わせて制定されたご本尊(お厨子)です。

種類
(縦cm×横cm×奥行cm)
絵像 名号
(南無阿弥陀仏)
いちょう
(24.0×19.0×9.0)
¥30,000 ¥30,000
きく
(17.2×10.3×2.9)
¥20,000 ¥20,000

お仏壇に新しくご本尊をお迎えしましたら、「入仏式(にゅうぶつしき)」をお勤めします。

入仏式については、所属寺のご住職に御相談ください。

在家免物(ご本尊)についての画像

在家免物(ご本尊)についての画像

本願寺福岡教堂 親鸞聖人鑚仰講座

○時 間 13時30分~15時30分
○会 場 本願寺福岡教堂 3階礼拝堂
〒810-0055 福岡市中央区黒門3-2 TEL 092-771-9081
☆交通:地下鉄唐人町駅6番出口より 徒歩4分
    黒門バス停・唐人町バス停より 徒歩4分

■2016(平成28)年度ご案内

期日 ご講師
4月14日(木)・15日(金) 森岡一誠 師(行橋市永樂寺)
5月14日(土)前席
14日(土)・15日(日)
川﨑潔 師(糸島市長楽寺)
藤﨑功 師(北九州市?照寺)
6月14日(月)前席 中島至 師(糸島市玉栄寺)
14日(月)後席・15日(火) 井上浄英 師(筑紫郡真教寺)
7月14日(木)・15日(金) 加来諭 師(築上町専廣寺)
9月14日(水)前席
14日(水)後席・15日(木)
笠賢信 師(福岡市妙静寺)
木村眞昭 師(福岡市妙泉寺)
10月14日(金)前席
14日(金)後席・15日(土)
久保大道 師(大野城市慶伝寺)
髙石彰也 師(飯塚市正円寺)
11月14日(月)前席
14日(月)後席・15日(火)
泉谷篤士 師(朝倉市専念寺)
𠮷弘了暁 師(柳川市長善寺)
12月14日(水)
14日(水)後席・15日(木)
星野奏真 師(鞍手郡願照寺)
中島法昭 師(糟屋郡藤円寺)
2017(平成29)年
2月14日(火)・15日(水)
冨来賢隆師(北九州市善浄寺)
3月14日(火)前席
14日(火)後席・15日(木)
宗秀融 師(福岡市真正寺)
大分哲照 師(飯塚市明圓寺)

※8月と1月は休座いたします。
※本願寺福岡教堂は駐車場に限りがありますので、お参りの際には公共交通機関をご利用ください。
※鑚仰講座の案内を希望の方は、本願寺福岡教堂(℡:092-771-9081)までご連絡ください。


教堂・教区報恩講の案内

○期 日
2016(平成28)年1月26日(火)~28日(木)
○時 間
晨朝法要(27日・28日のみ):午前7時~
日中法要:午前10時30分~

おとき:正午
法話:午後1時~
帰敬式(28日のみ):午後4時30分~
※どなたでも、ご自由にご参拝いただけます。
(但し、28日帰敬式に関しましては、事前申込が必要です。)
○法 要 内 容
期日 晨朝 法要
26日(火)   奉讃大師作法
27日(水) 日没礼讃 宗祖讃仰作法(音楽法要)
28日(木) 初夜礼讃 宗祖讃仰作法
※26日は報恩講法要・太子七高僧御影奉懸慶讃法要を併修いたします
○参拝日
26日(火) 怡土組・早良組・上下組・夜須組・柳川組・西嘉穂組
27日(水) 福岡組・宗像組・遠賀組・三門北組・八女組・鞍手組・粕屋組
28日(木) 志摩組・御笠組・嘉麻組・東筑組・三門南組・下川東組・那珂組
 
○法話ご講師
小 林 顯 英 師(本願寺派布教使・大阪教区榎並組法栄寺)
○帰敬式(おかみそり)について
①日  時
2016(平成28)年1月28日(木)
受 付 16時から  開 式 16時30分

②会  場
本願寺福岡教堂 礼拝堂
(福岡市中央区黒門3-2 ℡ 092-771-9081)
※当教堂は駐車場が少ないので、お参りの際には公共交通機関をご利用ください。
※交通 地下鉄空港線「唐人町駅」下車6番出口より徒歩4分
    西鉄バス「唐人町バス停」「黒門バス停」下車徒歩4分

③募集人数
120名(定員になり次第締め切ります)

④冥 加 金
成人10,000円 未成年5,000円
(内願法名希望の方は別途10,000円の懇志が必要です)

⑤申  込
申込書に必要事項ご記入のうえ、所属寺院を通じ、上記冥加金を添えて本願寺福岡教堂までお申し込みください。

⑥申込期限
12月14日(月)(教堂必着)
(但し、内願法名希望の方は11月26日〔木〕〔教堂必着〕までにお申し込みください)
※「帰敬式受式願(内願用)」は法名の内願(自ら法名をつける)を希望する場合のみご提出ください。

⑦そ の 他
○車椅子で受式を希望される方、及び介助(付き添い)が必要な方は、申込書にその旨をお書き添えください。
○受式者には教堂より後日案内状をお送りいたします。
○帰敬式は受式者本人しか受けられません(代理受式はできません)。都合により受式できなくなった場合は、必ず本願寺福岡教堂までご連絡ください。
○不明な点がございましたら、担当(佐々木)までお尋ねください。
※お問い合わせ先 本願寺福岡教堂 ℡092-771-9081

仏前結婚式について

浄土真宗では、阿弥陀如来の御前で夫婦の契りを誓う儀式を「仏前結婚式」といいます。

◆会場
本願寺福岡教堂 3階礼拝堂
◆司婚者
本願寺福岡教堂 主管
◆式の流れ
下記の式次第をご覧ください
※記念として、お念珠を用意します
◆参列人数
50席までを目安にしてください
◆控室
4階和室
◆懇志
¥150,000以上


-以上 *打ち合わせ等でご来所の際は、事前にお電話でご連絡ください。

書式をメールかFAX等でお送りいたします。

【お問い合わせ】本願寺福岡教堂 TEL 092-771-9081/FAX092-771-8914

式次第
会場図面
クリックしていただくと拡大図がご覧いだだけます。
仏前結婚式画像01 仏前結婚式画像03
このページのトップへ